« コンシェルジュアルコーヴ | トップページ | ドリーマーズラウンジ »

2009年1月10日 (土)

マーセリンサロン

マーセリンサロン
http://www.disneyhotels.jp/tdh/japanese/room/salon.html
Cimg4714 Cimg4713
コンシェルジュとスイートの宿泊ゲスト専用ラウンジ。
チェックインとチェックアウト、ウェルカムドリンクなど。
利用時間 7:00~23:00(ラストオーダー22:30)
サロン内は禁煙
Cimg4712 034 036 Cimg4697

名前の由来であるアメリカ・ミズーリ州マーセリン。
ここは、ウォルト・ディズニーが幼少期のおよそ5年間を過ごした町。

なので、サロン内には
ウォルトや家族の写真や、イメージ絵画が飾ってあります。
Cimg4711
幼いウォルトが、このように想像力を働かせていたのでしょうか。
104
(このダンボ、実は目と後ろ足がこわい・・・)
この絵がある部屋の窓から、小さなテラスに出ることが出来ます。
キャストさんに聞いてみて下さい。

ウォルトが影響を受けたであろう、アニメーションの原点の機械もたくさん飾ってあり
まるで、ウォルトを含めた、アニメーション博物館。
105 106 024 033

昔、ダヴィンチズトラベルフォト前にあったような、立体が見える双眼鏡みたいのが
あったのですが、写真はなぜか日本。
Cimg4691

ミラコのサローネや、アンバフロアラウンジとの違いは
サロン内にお子様用テレビがあること。
Cimg4698 Cimg4699


カクテルタイムは18時から。
カクテルの種類は、開業時より減っているようでした。

最初はみんなお約束のように、オリジナルカクテル。
ジンがきいたソーダ色でスッキリした「アズール」と
ノンアルコールの甘い「キャッスルリフレクション」
おつまみは、お魚の形のクラッカー。(今はこれだけのよう。)
074

お昼はソフトドリンクのみですが
チェックアウト時は、カプチーノなどもなく、
ラウンジ朝食で用意されていたものだけのようでした。
(コーヒー紅茶オレンジアップルグレープフルーツミルク、くらい。)
お茶うけは、ベルギー・ロータス社のバタービスケット うまうま。
http://www.lotusbakeries.com
018

夜は、一番空いている6時過ぎに行ったので
たまたま、ローカルなお話しが通じるキャストさんが
父の話しをよく聞いてくれて、楽しかったようです。
パーク閉園後に覗きに行った時は、カウンターの席も案内するくらい満席でした。

早めがおすすめです。
とキャストさんもわざわざ言っていたのが納得。
カウンターの1席1席、パソコンに繋げるようになっていますので
本当は、ここはおしゃべりする席じゃない気もします。
しかも、ここはドリーマーズラウンジの裏(厨房?)との通路を兼ねてるので
ドリンクを持ったキャストさんが頻繁に通ってました。
029 030
子供用イス
032 031

次にここに来られることは、果たしてあるでしょうかsweat01
あるといいのですが・・・

|

« コンシェルジュアルコーヴ | トップページ | ドリーマーズラウンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80470/43696379

この記事へのトラックバック一覧です: マーセリンサロン:

« コンシェルジュアルコーヴ | トップページ | ドリーマーズラウンジ »