« 節約? | トップページ | TDHイルミネーション »

2008年11月 9日 (日)

現代美術館

昨日は、10数年ぶりに会う友人とテニスをする約束をしていたのですが
雨のため、急遽「都現代美術館」に行くことにしました。
以前、ディズニーアート展をやっていた所です。
最近はジブリ展で混雑していたようですが、
今はなんの展示をしているのかも知らずに行き
3つの展示を見て回りました。

その中の、常設展で、なんと!

ミッキー型の甲冑が!

こんなところでミッキーに会えるとは思わなかったので、
度肝抜かれました;
(写真が撮れないので、画像がなくて残念)

まず、廃材で作られた巨大マンモスがありまして
ポスターではそのマンモスの写真しか出ていなかったのですが
Image851
その上に、兜にミッキー耳がついている武士がまたがってるんですよ・・・
胸にも、金のミッキーマーク。
その名も「ミッキー・ザ・ナイト」
なんでこんなものが・・・・・
これを製作したヤノベさんが、実際あったミッキーガスマスクにヒントを得たという。

あっ!それって!!
老舗のD系サイトさんで以前紹介されていたミッキーマウス型のガスマスク!
大戦中、ウォルトもデザインに関わった子供用のものです。

このマンモスロボットは、本来愛知万博用の企画で、
なにがしかの事情で頓挫して展示は不可能になったものの
そのまま製作を続けて完成させたものだそう。
これを、永久凍土に埋めて、1万年後に発掘して欲しいと思っていたとか。
発想がすごい。

この他にも、なんだか圧倒されるものやシュールなものがいっぱい。
「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」という展示では
体の中に色を取り込もう!とマンゴージュースをもらったりできる
体験アートも多々。

現代アートは、難解で、発想もすごいけど、それを評価する人もまたすごい・・・
心と時間の余裕がある時に見たせいか、脳のいい刺激になりました。
常設展だけなら500円で、有名な方の作品もあるのでおすすめです。

「サヴァイヴァル・アクション ―新収蔵作品を中心に」特集展示
http://www.mot-art-museum.jp/jyosetu/122/

|

« 節約? | トップページ | TDHイルミネーション »

コメント

Dじゃないお友だちの隣で、ミッキーの甲冑を前に度肝を抜かれているやぐさんの図…(笑)

マンモスロボット、一万年後に発掘されたときにはどうなっているんだろう。
そういう時空を超えた発想って、宇宙について思い巡らせるのと同じ感性ですね。

投稿: コロン | 2008年11月10日 (月) 18:34

>コロンさん
そうなんです。
そして年パサーであることをカミングアウトする事になり
友人は、更に理解できないパラレルワールドに陥るのであった・・・

宇宙、まさにその規模ですね。
1万年たって掘り出す側は、人間ではないのかもしれません。

投稿: やぐ | 2008年11月10日 (月) 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80470/43058448

この記事へのトラックバック一覧です: 現代美術館:

« 節約? | トップページ | TDHイルミネーション »