« ディズニーアート展 | トップページ | ビッグバンドビート »

2006年7月27日 (木)

ルーブル美術館展

L7_1
ルーブル美術館展
http://www.ntv.co.jp/louvre/
会場:東京藝術大学 大学美術館
会期:2006年6月17日(土)~8月20日(日)

ルーブル美術館の彫刻フロアが改修中ということで、古代ギリシャ、ローマの彫刻の数々が日本に来ている。
昔、パリでガラス越しに「見たいよ~」と嘆いていたものが
まさか日本で見られるとは思わなんだ。

ボルゲーゼのアレスとか、よく美術のデッサン用胸像になってるやつです。
修復されているとはいえ、紀元前のものとは思えない美しい彫刻は、ヴェルサイユ宮殿に飾られていたものも多数あるそうです。
マリーアントワネットも、古代の神々を眺めていたんだなぁ。

日本と同じように、古代ギリシャは多神教。(詳細はもっと複雑)
キリストのほうが実在の「人間」なのに、こちらの「神々」のほうが人間らしく生き生きとしているのは何故でしょう??
オリュンポス系列神々の諸系図には、ゼウスやヘラクレスの文字があったり
ニケの翼はNIKEのマークのモデルだよ、と誰かが教えてくれたので
娘も関心をもっていました。

それにしても混んでいました。
ガラスケースの前までいくのに、待って待って、やっと来られても少しづつ移動する感じ。
あと、客層が、明らかにDアート展と違うのが面白かったです。
年齢的にもファッション的にも。

それと、芸大が思ったより遠くて、ブルーテントの森を抜けていくのがちょっと怖かったです。
ちょうど炊き出しをしていて、そんな方達が100人くらい大集合してました・・・

|

« ディズニーアート展 | トップページ | ビッグバンドビート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80470/11117639

この記事へのトラックバック一覧です: ルーブル美術館展:

« ディズニーアート展 | トップページ | ビッグバンドビート »