« 昼から | トップページ | ルーブル美術館展 »

2006年7月26日 (水)

ディズニーアート展

ディズニーアート展
http://www.disney.co.jp/disneyart/
千葉大学で発見された初期作品のものと、本社アニメーション・リサーチライブラリー所蔵の、オリジナル画550点からなる展覧会。

携帯サイトで、会員証待ち受け画面をゲットしていき
受付で見せると、グッズがもらえます。
最初の頃行った方は、もっとかわいいストラップだった気がするけど
私がいただいたのは、ディズニーポケットのストラップでした。
A6
携帯でチケットを買った方は、最後のグッズ売り場でも、商品が5%引きで買えます。

●場所
東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/
アクセスはよくない。
行きは、清澄白河から10分歩きましたが、途中路地裏に入ってしまい、不安になりました。
帰りは、木場駅までまっすぐ徒歩15分。
しようと思いましたが、バス停があったので、乗りました。
3つか4つなので、5分も乗っていませんが楽です。
大人200円、子供100円。

夕方行ったせいか、そんなに混んでいなくてゆっくり見ることができました。
セルは波うち、塗料が浮いてはがれたモノもありましたが、(これでもかなり修復した状態だそうだ。)、それだけ永い間保管してあることに感激しました。
映画画面で見た背景画が、今、目の前にある。
思っていたより小さくて、細い筆でとても丁寧に書き込んである。
スリーピングビューティーの背景画は、本当に美しい。
鉛筆書きの原画は、消しゴムの跡も見える本物で、80年前の空気が蘇るよう。

娘も私の母もじっくり眺めていました。

日本公開当時のポスターは、カタログにも出ていないので必見です。
声優として、永六輔さんなど名前も書かれていました。

1階には、背景画の再現コーナーや、工作コーナーもあります。
台紙だけの持ち帰りは不可で、その場で作ってください。と、ハサミと両面テープが渡されます。
オーロラのティアラもあるそうですが、この時はありませんでした。
映像を見ながらミッキーが描けるテーブルもありました。
A1 A2
A3 A4 A5

じっくり見て遊んでたら、何時間でもいられそう。
常設展は見ませんでした。

東京メトロ(地下鉄)ではスタンプラリーも行われています。
http://www.tokyometro.jp/news/2006/2006-25.html


ちなみに、ここからパークへ行ってみたら、
木場から東西線で浦安へ 9分、190円
浦安からベイシティバスで約25分、230円
ディズニーシー行きとディズニーランド行きのバス停は
駅改札から国道10号線へ(徒歩2分くらい)出て、歩道橋を渡った所にありました。
http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdr/japanese/plan/access/urayasu_bus.html
ランド行きに乗って、シーに行きたい場合は、「運動公園」で降りればすぐです。
葛西からのバス、環七シャトルもあります。

その他、電車で、茅場町から八丁堀経由や、門前仲町から月島、新木場経由や
東京経由、西船橋経由しても、あんまり差はない気はしますが・・・

|

« 昼から | トップページ | ルーブル美術館展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80470/11107316

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーアート展 :

« 昼から | トップページ | ルーブル美術館展 »