« アリエルのグリーティンググロット | トップページ | パラッツォカナル »

2006年5月25日 (木)

フォートレスエクスプロレーション

フォートレスのいたる所で、S.E.A(Society of Explorers and Adventurers)の紋章を目にする。
P22
航海技術の発展と、海洋探検を目的とした学会、という設定なのですが、
SEA・・・シー
なるほどね。

スポンサーサイトの中で、充実している日本ユニシスのHPは必見です。
http://www.unisys.co.jp/fortress/

昔、確かにガリオン船ルネサンス号の中で見た、カモノハシやフクロオオカミ(だっけ?)。
この間いってみたら、全然見当たらなかったので、記憶違いかな?と不安になりましたが
ここで紹介されていてホッとしました。
ひとつ鍵のかかった扉があるのですが、
娘が、そこに、キッズツアーの時に中に入ったと言っていました。
もしかしてその中なのかな?もしくは、条例か何か的にマズイとか?

埠頭には、地図の入った入れ物もできたんですね。
P23
しばらく行かなかったので知りませんでした。
この4つの、デザインは、
ガリオン船「冒険」、アーミラリー天球「ロマンス」、羅針盤「発見」、絵筆や彫刻道具「発明」、をあらわしているそうです。

今話題の「レオナルド・ダ・ヴィンチ」
彼が考案した「はばたき飛行機」を基にしたフライングマシーンが、塔の上のほうにあります。
エクスプローラーズホールには、肖像画もあります。
でも、有名な肖像画より、ちょっと濃い顔かも^^;

奥が深いです。
深すぎて、色々調べないとさっぱりです。
せっかくパークに行っても雨、という日なんかに、じっくり探検してみるのもいいかもしれないです。

ちなみに、ここにピッタリの、中世の騎士、という設定なのに
なぜかハーバーに出没している「三銃士」、ミキドナグーは
イラリアンフラッグスがいなくなってしまっても、引き続き行われているそうですよ!
私としては、共演者のほうがちょっと気になります・・・。


*更にちなみに、ドリームライツの紹介はここ
http://www.unisys.co.jp/dreamlights/index.html

|

« アリエルのグリーティンググロット | トップページ | パラッツォカナル »

コメント

わわ!日本ユニシスのサイト知らなかった!
早速見てきました。
とても詳しく紹介されていて画像も綺麗で楽しいですね。
教えてくれてありがとう。
息子にも見せてあげよう。
フォートレスから間近でみるでっかいプロメテウス火山も好きだし、ハーバーの全景を眺めるのも好きです。

投稿: コロン | 2006年5月26日 (金) 06:15

すごい詳しいよね。
この間、色々スポンサーサイト回っていたら
みつけたの。
って、きっとずっと前からあるんだよね。

エレパレのほうもすごく詳しくびっくりしました。

投稿: やぐ | 2006年5月26日 (金) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80470/10239134

この記事へのトラックバック一覧です: フォートレスエクスプロレーション:

« アリエルのグリーティンググロット | トップページ | パラッツォカナル »